自分に合った仕事環境を見極める

憧れていた仕事だったのに、飛び込んでみるとなんだか居心地が悪い。一方であまり気乗りしない職務内容だったが、魅力ある他の条件や、やむなしの事情でトライしてみると意外と心地よく仕事ができた、ということは良くある話だ。

自分の場合何が要因だったのだろうか?

これを考えることで、自分の弱みが見え次のチャレンジの足がかりになった。

自分にあった環境

まず、考えたこと。
業界や職種関係なく、どんな環境だと自分のやる気が向上し、リーダーシップを取って働けるようになるのか?

自分の場合はズバリ

自分の業務範囲が決まっている仕事

であった。

自分で業務手順を考え自分のペースで仕事を進められる。また、責任範囲が明確なことから、仕事をきっちりとやり遂げさえすれば、文句を言われることもないだろう。

自分はこの環境が良かった。いっとき、未経験で飛び込んだ仕事がこの環境だったのだが、慣れて仕事が出来るようになると、任される仕事量も増え、こちらからもどんどんアイデアを提案出来るようになった。

環境が合っている→仕事に取り組みやすい→自身に繋がり生産性が上がる
こんな好循環が働いていると思う。

人間関係の良さも職場環境に大いに貢献するが、なかなかパラダイスレベルの環境は存在しない。

自分に合わない環境

学生時代のアルバイトまで遡って、自分がやりづらい・・・と思える環境は

常に他の人と同じ仕事をする

だった。

アルバイトで病院やホテルで働いた時、若い頃のOL先では、同僚と協働して同じ仕事をしていた。
特に目標設定もなく、特に役割もなく、仕事の仕方を突っ込まれてもそれを証明する根拠(数字)がない。

自分は共同作業的な仕事を避けるべきだと分かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA