ドロップシッピングの海外発送について備忘録

越境ECとドロップシッピングの海外発送についてまとめてみる。

ネットショップを開店することは、今や凄い簡単である。
STORESBASEを使えば今すぐネットショップのオーナーになれる。

自分はWordPress × WooCommerceでECサイトを運用している。
理由としては、始めから海外向けに販売したかったから。
STORESやBASEは日本人が日本人向けに販売するサービスなので(現時点)、ハナから使おうと思っていなかった。
あと、WordPressを実践しながら学びたい意図もあった。

そんな自分がECサイトを運用していて、苦労している点が下記。

・送料
・所詮、人と同じものを売っている

この2点につきる…。

送料

自分は、自作のオリジナル商品を扱っていないので、「仕入れ作業」が必要になる。

良く言われるのが ”ニッチな市場を探して仕入れよう!” だが、個人的には自身が本当に好きで得意な分野で仕入れ、販売をしたほうが良いと思っている。

モノを並べて売れるほど甘くない。

自分が購入側だったら、本当に欲しいか? この値段で財布を開くか? Amazonでもないサイトでクレカ情報を入力するか…??

こんな気持ちが頭によぎる。

中途半端な商品知識や感性では、消費者に訴求することは難しい。また興味が持てない商品を取り扱っていては、業務が苦痛になるだけだ。

話が逸れたが、自分は注文毎に、仕入先から送料を払って仕入れ、送料を払って発送していた。

売上のためには商品代金に転嫁することになる。

そうすると、コレでこんなにすんのかよ、という値段になってくる。

そうでなければ、リスクを取ってある程度在庫を持つしか無い。

皆が売っているものを自分も売っている

そんな送料問題を解決するのがドロップシッピングである。

在庫を持たずに販売し、注文が入ったら、倉庫から直接消費者に送ってくれる画期的なサービスである。
国内のエンドユーザーに直送できるサービスは結構あるのだが、海外向けに直送できるサービスといえば日本語サービスはあまりない。

下記が可能性があるサービス。

WooDropship
AliDropship
WooCommerce Dropshipping
Shopify

上から3つは英語で、中国のアリババグループのAliExpressから直送するサービスである。
Shopifyは日本語対応しているが、提携しているOberloという自社の商品サイトから仕入れをすることとなる。(追記:2020,4~楽天市場と提携)

各社メリットデメリットあるが、自分は巨大マーケットAliDropshipで運用したいと考えている。

が、ここで2つ目の問題。
AliExpressで既に売られているのである。

AliExpressの日本での認知度は低いが海外、特にアメリカでは国内4位のサービスに育っている。
【世界】ショッピングアプリ利用時間、Amazon突出もAliExpressが急追

今や、ネットで同じ商品を簡単に見つけ出して価格を比較できる。
同じ商品がAliExpressにもあるのに、自分のショップでどうやったら買ってくれるのか、かなりシビアな競争であると想像できる。

ちなみに、AliExpressは何でもかんでも安いが、当然品質も確証が持てない。
商品レビューもサクラかどうか判断が難しいところである。

と、まあ悲観的なあれこれが簡単に想像できてしまったが、ドロップシッピングは便利だしちょっとづつ体験してみようと思う。

次回はAliDropshipの使い心地や、品質欠陥のために財・人的被害が発生した場合の責任について考えてみたい。

越境ECサイトのGDPR, CCPA対策を考える

自身の海外向けECサイトに対する個人情報保護の対策を考えてみた。
主にGDPRとCCPAに関して。中国のプライバシー法「サイバーセキュリティ法」については扱わない。

GDPR

GDPR(JETROのHPリンク)では、EU を含む欧州経済領域(EEA)域内で取得した「氏名」や「メールアドレス」「クレジットカード番号」などの個人データを EEA 域外に移転することを原則禁止している。

運営しているECサイトでは以上の情報を扱う。ただ決済に関してはPayPalのビジネスアカウントを使用しているため、サイト側ではクレジット情報を管理していない。

現地に代理店を持つ大企業だけでなく、中小・零細企業も対象であり、EEA 域内に現地法人・支店・駐在員事務所を置かない事業者であっても、インターネット取引などで EEA 所在者の顧客情報を取得・移転する場合、適用対象となり得る。違反した場合は巨額の制裁金が課されることになる。

しかし、2019年1月23日に欧州委員会は日本が個人データの保護に関して十分なレベルを保障していることを決定(十分性認定)した。つまり、日本では「個人情報保護法」が十分なレベルにある、とされたのだ。
といってもGDPRに定める要件の遵守は引き続き必要となる。

ではどうするか。

ECサイトはWordPressで運営されており、WordPress 4.9.6以降のバージョンにはGDPRのプライバシメンテナンスサービスが装備されている。
WordPress 4.9.6 プライバシー・メンテナンスリリース

もともと広告運用のためにプライバシーポリシーページが存在したが、GDPR用に肉付けをしたのがコチラ
本家のGDPRのサイトのテンプレートを参考にした。こちらのテンプレートのOur Company部分を自分の会社名orサイト名にすれば問題ないだろう。

CCPA

JETROの説明によると、CCPAの対象者は以下のようになる。

以下の1~3のいずれか1つの要件に該当する営利目的の法人だ。なお、カリフォルニア州内に事業拠点があるかどうかにかかわらず、カリフォルニア州民の個人情報を収集していれば、この法律の対象となりうる。

1.年間の総収入(annual gross revenues)が2,500万ドル以上であること
2.5万人以上のカリフォルニア州民の個人情報を処理している
3.カリフォルニア州民の情報を売却することで年間の収入の50%を得ている

自身は当てはまらなかった。
JETROの解説によると、当てはまる事業者の基本的対応は下記のようになるようだ。

企業として法令を順守するためには、プライバシーポリシーを更新すること、請求している消費者の本人確認をする手順を実施すること、45日以内に情報開示するために社内で個人情報を特定・発見することができるようにすること、特定の情報開示を電子的に行う方法を開発すること、売却禁止を求める消費者のオプトアウト(16歳未満の消費者に関してはオプトイン)に対応することなどが必要になる

Cookie利用同意のプラグイン

サイトを開いたときに出てくる、Cookie利用同意のプラグインはCookie Notice for GDPR & CCPAにした。

設定自体はシンプルで、同意を求める文章や、言語、位置などを変更できる。

デフォルトの表示結果

Cookieのサポート廃止

Googleが2020年1月14日に、ChromeでのCookieサポートを2年以内に廃止していくと発表した。

Building a more private web: A path towards making third party cookies obsolete

AppleのSafariとMozillaのFirefoxは既にサードパーティのクッキー利用を制限している。

今後どのようにプライバシー保護が強化されていくのか更に注意が必要だ。

Woocommerceでattribute毎に在庫を表示する

ecでWoocommerceを使っているのだが、attributeのプルダウンから在庫あり/売り切れが出るようにしたい。

Product dataをSimple productにして、Stock StatusをOut of stockにすると…

表示を見ると、全部売り切れのようになってしまう。本当は2種類のうち、1種類だけが売り切れなのに。

Variable Productから設定

Product dataをVariable productにする。

下記の画像(設定後)を見ながら設定を進めよう。

Attributes項目のCustom product attributeから任意の項目を選び、Addをクリック。ここでは”Item”としている。

Used for variationsにチェックを入れる。

Value(s)に必要な選択肢を入れる。最後にSave attributesをクリック。

次はVariations項目へ移動。Add variationを選択しGoをクリック。

プルダウンから編集したい項目を選ぶ。ここではGoldを選んだ。

そして、右側の逆三角マークを押すと下記のような画像(設定後)が出てくる。

こちらではGoldが売り切れなので、Stock statusをOut of stockと選択。そしてSave changesをクリックして保存。

残りのアイテムを編集するときは、再度Add variation→Goとすれば追加できる。

プレビューを見てみると。

ちゃんとGoldだけ売り切れ表示ができた。