ロリポップでTwenty Seventeenの子テーマを作る

備忘録として、ロリポップサーバーでのTwenty Seventeenの子テーマ作成方法をまとめます。

ロリポップ!で子テーマフォルダ作成

左側の項目一覧からサーバーの管理・設定ロリポップ!FTP

ワードプレスのフォルダを見つける。

このサイトのフォルダ

それを開くとフォルダやらファイルがずらずら出てくる。
更にwp-contentフォルダを開く。

フォルダとファイルって名前ややこしい。

更にthemesのフォルダを開くと、現在インストールしているテーマのフォルダが出てくる。

今テーマで使ってるフォルダを確認したら、その下に子テーマのフォルダを作成。

画面上の方にある、フォルダアイコンをクリック

そうすると子テーマのフォルダ名が入力できる。

このサイトのテーマはtwentyseventeenだから、twentyseventeen-childとした。そして保存。

子テーマのファイルができている

では子テーマのフォルダをクリック。

子テーマフォルダにまだ中身が無いので、functions.phpとstyle.cssファイルを作る。フォルダを作ったときと同じように、画面上の新規ファイル作成をクリックする。

まずfunctions.php

ファイル名をfunctions.phpと入力し、下記をコピペし保存。

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
  wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
  wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style')
);
}
?>

次はstyle.css

同じ要領でstyle.cssファイルを作っていく。新規ファイル作成→ファイル名をstyle.css→下記をコピペ

注意:下記はtwenty seventeen用になっています。他のテーマを使っている場合、各項目を変更してください。

/*
Theme Name: twentyseventeen-child
Template: twentyseventeen
Theme URI: https://wordpress.org/themes/twentyseventeen/
*/

以上、子テーマ内が下記のようになる。

wordpressのダッシュボードから→外観→テーマと進むと、子テーマが反映されている。

それを有効化して、完成。

SSPとDSPとは!初心者さんへ アドネットワークの基礎知識

前編に続いて、アドネットワークについて解説していきます。残りはSSPとDSPだけです!

SSPとDSP

SSPとはSupply Side Platform の略になります。広告枠をSupply(供給)する側なので、媒体側が使うシステムです。メディア業界で広告担当になってしまったアナタや、なりたいアナタはSSPの会社と接することが多いでしょう。

代表的なものは、AdSense, YIELDONE, Rubicon Project, PubMatic, OpenX等があります。

DSPはDemand Side Platformの略なので、広告枠をDemand(要求)する側です。広告主や広告代理店が登録しているシステムとなります。

主な会社はGoogle Ads, DV360, MediaMath, Criteo等があります。

さてこの2つのサービスを通して、どのように広告が表示されているのかみてみましょう。

媒体が埋め込んだSSP(JavaScript)のコードによって、URLや枠の位置などページ情報がDSPに送信されます。

受信したDSPは更にDMP(情報プラットフォーム)のデータによりユーザーをターゲティングします。

そしてそのユーザーのその枠に相応しい金額を算出しその結果をSSPに返すのです。

複数のDSPから結果をもらった後は…どれを枠に入れるのか決めなきゃいけないですよね?

そしてSSP内でオークションをするのです!

そのオークション結果がネットに広告として表示されるわけです。これら一連の作業が1秒以内に全て終了しているんですよ、めちゃ速いですよね。

というわけで、前編・後編でネットワーク広告の基礎は終わりです!

簡単!初心者さんへ アドネットワークの基礎知識 前編

はじめまして!
メディア業界でデジタル広告の担当になった人!若しくはなりたい人!に向けて解説します!!

純広告とネット広告のちがい

普通の広告、例えば新聞広告やCM、看板などは「純広告」と言われます。一方、ネット上の広告は「アドネットワーク」や「ネットワーク広告」、「デジタル広告」などと呼ばれています。

そのような新しい広告は、紙や看板からインターネットに表示されるようになった!だけではありません。

ネット広告は今までの広告の取引形態を大きく変えたんですよ〜!

純広告では、人と人が話し合って広告枠の売買をしていました。枠にどんな広告を出すか、その料金はいくらで契約するか…。

ですが、ネットの広告は、例えばこのブログの広告はGoogle AdSenseを使っているのですが、私(媒体)はどんな表示がされているか分かりません。そう、自動化されているからです。

どうしてこんな風になっていったのか、振り返ってみましょう!

創生期

インターネット上で広告が出始めたのは1995年頃です。

Windows95が登場した当時私はインターネットを使った記憶が無いのですが…もう既に存在していたんですね〜!

この頃の広告を代表する有名なサイトがあります↓↓↓

The Million Dollar Homepage です。

イギリスの学生アレックスが大学費用を稼ぐために作ったサイトで、その名の通り100万ピクセルで構成されたサイトを、1ピクセル1ドルで広告主と売買していました。

学生のアレックスは学費が欲しいから広告枠を提供する、広告主はその枠を買って自分の商品やサービスを宣伝する…こんな感じで、媒体者と広告主が直接契約を結んでいました。

でも、この時の広告はWeb特有のものとは言えませんね。冒頭にも書きましたが、取引形態は看板とかの純広告と同じで、その表示枠がネット上だった、ってことですから。

アドネットワークの登場

経験者の方はご存知かと思いますが、純広告の場合は交渉に手間と時間が大変かかります。。また契約時にはまとまった予算の準備も必要になってきます。

そんな中、インターネットの勢いに乗って、広告主の予算がインターネットに移ってきました。

そして「アドネットワーク」という、上に挙げたような手間を解決してくれるシステムが登場したのです。

アドネットワークとは、超簡単に言うと広告の「束」です。今風に言うと沢山の広告が登録されているプラットフォームです。このサービスを提供する主な会社はZucksやGunosyなどがあります。

アドネットワークでの広告はコンピュータ言語のJavaScriptで構成されています。

昔アレックスが作成した画像やらテキストにURLを貼った広告と違い、広告コード(JavaScript)を媒体社に発行していたということになります。

アドネットワークには沢山の広告主や広告代理店が登録しており、ネット広告を載せたい広告主、それを仲介する広告代理店、広告を乗っける媒体をつなげているのです。

ちなみにアドネットワーク期になると、広告費用は1クリック何円(CPC)という基準になってきたのです。

なぜでしょうか?

純広告は、私とあなたが話し合い、時間と面積を基準に事前に契約をしていました。それがアドネットワークだと支払いの対象がクリックという結果になってきたわけです。

ちょっと長くなったてきたので前編はここら辺で!後編はSSP,DSPを解説します!