自分の足りない部分を成長させる職場環境とは

自分に合った仕事環境を見極めるからの続き。

もう少し自分を成長させる

自分に合う合わない環境がわかった所で、もう少し自分を鍛えたいとも思う。

そこで経歴で足りない側面を考えてみた所

誰かが決めた、指示された業務が多い。

だった。

つまり『言われたことをやってりゃ文句を言われない』というのと同じで、問題解決をする仕事ではなかったのだ。
この能力が自分には足りてないし、それを成長させる場面を避けてきたと分かった。

問題解決・・・何かトラブルを解決する/新しいチャレンジをする

こんな場面では、チームで意見を出し合って決定し取り組んでいく。
結果を出す(解決する)ためには、人の意見を否定したり、誰かの業務量が増える場合を選ばなければならないときもある。

よって、人があつまる組織、特に結果を追求しない組織は人間関係に軋轢が生まれる。

よくある人間関係で悩みのない組織というのは、
・皆が主体的に考え何よりも結果を求める組織か
・人間関係を何よりも重んじて、仲間の空気を読み、変化を求めない組織

のどちらかなんだろう。

自分がこれから成長していくためには、問題解決に取り組めて結果重視な職場環境だと分かった。

そのためには自分のメンタリティも結果重視にシフトする必要がある。

それを調べて次回まとめたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA