議論する時の発言は果たして自分で考えたことか?

まったくSEOを意識してないタイトルになってしまったが、自分への備忘録なので、まあ良い。

日頃から何でも自分で考えて自分の解答や考えがある(つもり)だが、それを他人と議論する時にスッと出てこない。

しかも良くある。

何故か?

その理由と対処法を考えてみる。

ミス例

無責任な発言

とりあえず言ってみただけ発言

相手の欠点をつつくだけ発言

自分の意見が突っ込まれた時の意固地な主張

なぜそうなるのか?

・限られた時間内で「何か言わなきゃ」という焦りから

・自分が聞き得た、もっともらしい意見を言う方がラクだから

時間的制約の中、何か発言し議論を進めることは、欧米生活の中で良くあった。学校でも、すぐにペアやグループを即席で組まされ議論を指示された。

そして、どうなったかというと…

① 自分の存在感を示すために「何か発言しなきゃ」と焦る
② 自分で深く考えていない、人の意見を言うことになる
③ 内容がペラペラなので、人に聞かれたり、突っ込まれたりすると、更にペラペラな主張を繰り返すことになる

と、先にあげたミスに繋がっていくのが分かる。

議論をする状況パターン

意味ある結果を出すためには、議論の「目的」を考える必要がある。

以下が、人と喋る状況パターンとなる。

・ブレスト
目的:自由な発想を出し合う
その為には:相手の意見を否定しない事(ユニークなアイデアを出し易くするため萎縮させない)

・意見交換
目的:自分の視点を発表し、他の視点から学びを得る
その為には:相手を否定せず、傾聴する事(自分の学びのきっかけを消さない)

・問題解決
目的:解決方法を決める
その為には:自分の意見を言うが、結果を出す為には自分の意見に意固地にならない事

解決方法

・まず議論の目的が何かを把握し、目的(結果を出す)のためのアプローチを決める。

議論の場で実践
・日頃から考えてアウトプットをする訓練をする。

他人の思考に流される前に、普段から自ら深く考えておく必要がある
・そうはいっても、議論の場では普段考えない分野のことも扱うことも多い。そのため、思考→アウトプットの速さを意識する。 電車に乗っている時に区間ごとに、新聞を読んで時間を測って等、問題提起→仮定→解というプロセスの実行

自分の足りない部分を成長させる職場環境とは

自分に合った仕事環境を見極めるからの続き。

もう少し自分を成長させる

自分に合う合わない環境がわかった所で、もう少し自分を鍛えたいとも思う。

そこで経歴で足りない側面を考えてみた所

誰かが決めた、指示された業務が多い。

だった。

つまり『言われたことをやってりゃ文句を言われない』というのと同じで、問題解決をする仕事ではなかったのだ。
この能力が自分には足りてないし、それを成長させる場面を避けてきたと分かった。

問題解決・・・何かトラブルを解決する/新しいチャレンジをする

こんな場面では、チームで意見を出し合って決定し取り組んでいく。
結果を出す(解決する)ためには、人の意見を否定したり、誰かの業務量が増える場合を選ばなければならないときもある。

よって、人があつまる組織、特に結果を追求しない組織は人間関係に軋轢が生まれる。

よくある人間関係で悩みのない組織というのは、
・皆が主体的に考え何よりも結果を求める組織か
・人間関係を何よりも重んじて、仲間の空気を読み、変化を求めない組織

のどちらかなんだろう。

自分がこれから成長していくためには、問題解決に取り組めて結果重視な職場環境だと分かった。

そのためには自分のメンタリティも結果重視にシフトする必要がある。

それを調べて次回まとめたいと思う。

自分に合った仕事環境を見極める

憧れていた仕事だったのに、飛び込んでみるとなんだか居心地が悪い。一方であまり気乗りしない職務内容だったが、魅力ある他の条件や、やむなしの事情でトライしてみると意外と心地よく仕事ができた、ということは良くある話だ。

自分の場合何が要因だったのだろうか?

これを考えることで、自分の弱みが見え次のチャレンジの足がかりになった。

自分にあった環境

まず、考えたこと。
業界や職種関係なく、どんな環境だと自分のやる気が向上し、リーダーシップを取って働けるようになるのか?

自分の場合はズバリ

自分の業務範囲が決まっている仕事

であった。

自分で業務手順を考え自分のペースで仕事を進められる。また、責任範囲が明確なことから、仕事をきっちりとやり遂げさえすれば、文句を言われることもないだろう。

自分はこの環境が良かった。いっとき、未経験で飛び込んだ仕事がこの環境だったのだが、慣れて仕事が出来るようになると、任される仕事量も増え、こちらからもどんどんアイデアを提案出来るようになった。

環境が合っている→仕事に取り組みやすい→自身に繋がり生産性が上がる
こんな好循環が働いていると思う。

人間関係の良さも職場環境に大いに貢献するが、なかなかパラダイスレベルの環境は存在しない。

自分に合わない環境

学生時代のアルバイトまで遡って、自分がやりづらい・・・と思える環境は

常に他の人と同じ仕事をする

だった。

アルバイトで病院やホテルで働いた時、若い頃のOL先では、同僚と協働して同じ仕事をしていた。
特に目標設定もなく、特に役割もなく、仕事の仕方を突っ込まれてもそれを証明する根拠(数字)がない。

自分は共同作業的な仕事を避けるべきだと分かった。