BraveをUbuntu 18.04 LTSにインストールする

Braveブラウザをスマホに入れたついでに、Ubuntuにもインストールしてみた。

ターミナルで下記を実行する。

sudo apt install snapd

sudo snap install brave

Braveブラウザの特徴

公式HPではトップに広告の問題を挙げている。

20年1月に、GoogleがサードパーティCookieの使用を2年以内に完全廃止するよう発表したが、個人情報を収集する広告技術が近年問題視されている。

そこで、データを収集する広告をブロックするのがBraveブラウザとなる。広告をブロックすることで、閲覧スピードも高速になるとのこと。

独自のトークンがもらえる

Braveの他の大きな特徴は、Braveが出す広告を閲覧することで報酬(BAP)をゲットできる。

ここでBraveが出してくる広告は、Brave上での閲覧データによってマッチングされるらしい。

この閲覧データは自分のデバイスにだけ蓄積され、サーバーに送られることはないとのこと。

そしてこの獲得BAPをどうするかというと、まず自分の好みだったり、好きなサイトに投げ銭できる。(そのサイト主がBraveのコンテンツクリエイターに登録しておく必要がある。)

つまり、ブロガーやYoutuberは別の収入源ができるということになる。
現在登録しているクリエイターや媒体社は28万とのこと。

https://creators.brave.com/

BAPトークンの他の用途として、決済利用ができる…とのことだがBAPは日本居住者向けのトークンであり、他国ではBATと呼ばれる。

がしかし、現時点でBAPに関して「決済に利用できるパートナーは開拓予定」とのこと…

https://brave.com/ja/brave-rewards/

一方BATに関して、BATは各取引所にて売買できる。リスト
BATの使用に関してはサードパーティでの使用も出来るようになるかもしれないとのこと。

https://basicattentiontoken.org/faq/#where-used

セキュリティ

一方、自分の検索情報や訪れたサイト情報に関して、Brave側でどう取り扱っているのか?

これは長くなりそうなので次回にまわす。

しかし、現状BAPが何に使えるか未だ分からないので…Braveブラウザは寝かせようかな。

議論する時の発言は果たして自分で考えたことか?

まったくSEOを意識してないタイトルになってしまったが、自分への備忘録なので、まあ良い。

日頃から何でも自分で考えて自分の解答や考えがある(つもり)だが、それを他人と議論する時にスッと出てこない。

しかも良くある。

何故か?

その理由と対処法を考えてみる。

ミス例

無責任な発言

とりあえず言ってみただけ発言

相手の欠点をつつくだけ発言

自分の意見が突っ込まれた時の意固地な主張

なぜそうなるのか?

・限られた時間内で「何か言わなきゃ」という焦りから

・自分が聞き得た、もっともらしい意見を言う方がラクだから

時間的制約の中、何か発言し議論を進めることは、欧米生活の中で良くあった。学校でも、すぐにペアやグループを即席で組まされ議論を指示された。

そして、どうなったかというと…

① 自分の存在感を示すために「何か発言しなきゃ」と焦る
② 自分で深く考えていない、人の意見を言うことになる
③ 内容がペラペラなので、人に聞かれたり、突っ込まれたりすると、更にペラペラな主張を繰り返すことになる

と、先にあげたミスに繋がっていくのが分かる。

議論をする状況パターン

意味ある結果を出すためには、議論の「目的」を考える必要がある。

以下が、人と喋る状況パターンとなる。

・ブレスト
目的:自由な発想を出し合う
その為には:相手の意見を否定しない事(ユニークなアイデアを出し易くするため萎縮させない)

・意見交換
目的:自分の視点を発表し、他の視点から学びを得る
その為には:相手を否定せず、傾聴する事(自分の学びのきっかけを消さない)

・問題解決
目的:解決方法を決める
その為には:自分の意見を言うが、結果を出す為には自分の意見に意固地にならない事

解決方法

・まず議論の目的が何かを把握し、目的(結果を出す)のためのアプローチを決める。

議論の場で実践
・日頃から考えてアウトプットをする訓練をする。

他人の思考に流される前に、普段から自ら深く考えておく必要がある
・そうはいっても、議論の場では普段考えない分野のことも扱うことも多い。そのため、思考→アウトプットの速さを意識する。 電車に乗っている時に区間ごとに、新聞を読んで時間を測って等、問題提起→仮定→解というプロセスの実行

ドロップシッピングの海外発送について備忘録

越境ECとドロップシッピングの海外発送についてまとめてみる。

ネットショップを開店することは、今や凄い簡単である。
STORESBASEを使えば今すぐネットショップのオーナーになれる。

自分はWordPress × WooCommerceでECサイトを運用している。
理由としては、始めから海外向けに販売したかったから。
STORESやBASEは日本人が日本人向けに販売するサービスなので(現時点)、ハナから使おうと思っていなかった。
あと、WordPressを実践しながら学びたい意図もあった。

そんな自分がECサイトを運用していて、苦労している点が下記。

・送料
・所詮、人と同じものを売っている

この2点につきる…。

送料

自分は、自作のオリジナル商品を扱っていないので、「仕入れ作業」が必要になる。

良く言われるのが ”ニッチな市場を探して仕入れよう!” だが、個人的には自身が本当に好きで得意な分野で仕入れ、販売をしたほうが良いと思っている。

モノを並べて売れるほど甘くない。

自分が購入側だったら、本当に欲しいか? この値段で財布を開くか? Amazonでもないサイトでクレカ情報を入力するか…??

こんな気持ちが頭によぎる。

中途半端な商品知識や感性では、消費者に訴求することは難しい。また興味が持てない商品を取り扱っていては、業務が苦痛になるだけだ。

話が逸れたが、自分は注文毎に、仕入先から送料を払って仕入れ、送料を払って発送していた。

売上のためには商品代金に転嫁することになる。

そうすると、コレでこんなにすんのかよ、という値段になってくる。

そうでなければ、リスクを取ってある程度在庫を持つしか無い。

皆が売っているものを自分も売っている

そんな送料問題を解決するのがドロップシッピングである。

在庫を持たずに販売し、注文が入ったら、倉庫から直接消費者に送ってくれる画期的なサービスである。
国内のエンドユーザーに直送できるサービスは結構あるのだが、海外向けに直送できるサービスといえば日本語サービスはあまりない。

下記が可能性があるサービス。

WooDropship
AliDropship
WooCommerce Dropshipping
Shopify

上から3つは英語で、中国のアリババグループのAliExpressから直送するサービスである。
Shopifyは日本語対応しているが、提携しているOberloという自社の商品サイトから仕入れをすることとなる。(追記:2020,4~楽天市場と提携)

各社メリットデメリットあるが、自分は巨大マーケットAliDropshipで運用したいと考えている。

が、ここで2つ目の問題。
AliExpressで既に売られているのである。

AliExpressの日本での認知度は低いが海外、特にアメリカでは国内4位のサービスに育っている。
【世界】ショッピングアプリ利用時間、Amazon突出もAliExpressが急追

今や、ネットで同じ商品を簡単に見つけ出して価格を比較できる。
同じ商品がAliExpressにもあるのに、自分のショップでどうやったら買ってくれるのか、かなりシビアな競争であると想像できる。

ちなみに、AliExpressは何でもかんでも安いが、当然品質も確証が持てない。
商品レビューもサクラかどうか判断が難しいところである。

と、まあ悲観的なあれこれが簡単に想像できてしまったが、ドロップシッピングは便利だしちょっとづつ体験してみようと思う。

次回はAliDropshipの使い心地や、品質欠陥のために財・人的被害が発生した場合の責任について考えてみたい。

Ubuntu 18.04 LTS ホーム画面右上の警告表示を対処する

ふと気づいたのだが、スクリーン右上に謎の赤い三角マークで警告(?)が出ているではないか。

それをクリックしてみると下記のように展開される。

更新情報が古くなっています。ネットワークの問題か、既に使えないレポジトリによる影響の可能性があります。よって’Show updates’から手動でアップデートしてください。そして他の失敗したレポジトリを見てください。

わけわからん。

言われたとおりShow updatesに進む。

このコンピューターのソフトウェアは最新のものです。

と、あるがTipどおりにSettings & Livepatchに進んでみる。

ググるとここからの修正は行わないようだ。
How To Fix “The Update Information Is Outdated” In Ubuntu Linux

とりあえず、ターミナル(Ctrl+Alt+T)から sudo apt updateを入力して、インストール可能なパッケージの一覧を更新。

完了した結果を見ると、特にエラーは出ていないなーと思っていたら、赤い三角は消えていた。

自分の足りない部分を成長させる職場環境とは

自分に合った仕事環境を見極めるからの続き。

もう少し自分を成長させる

自分に合う合わない環境がわかった所で、もう少し自分を鍛えたいとも思う。

そこで経歴で足りない側面を考えてみた所

誰かが決めた、指示された業務が多い。

だった。

つまり『言われたことをやってりゃ文句を言われない』というのと同じで、問題解決をする仕事ではなかったのだ。
この能力が自分には足りてないし、それを成長させる場面を避けてきたと分かった。

問題解決・・・何かトラブルを解決する/新しいチャレンジをする

こんな場面では、チームで意見を出し合って決定し取り組んでいく。
結果を出す(解決する)ためには、人の意見を否定したり、誰かの業務量が増える場合を選ばなければならないときもある。

よって、人があつまる組織、特に結果を追求しない組織は人間関係に軋轢が生まれる。

よくある人間関係で悩みのない組織というのは、
・皆が主体的に考え何よりも結果を求める組織か
・人間関係を何よりも重んじて、仲間の空気を読み、変化を求めない組織

のどちらかなんだろう。

自分がこれから成長していくためには、問題解決に取り組めて結果重視な職場環境だと分かった。

そのためには自分のメンタリティも結果重視にシフトする必要がある。

それを調べて次回まとめたいと思う。

自分に合った仕事環境を見極める

憧れていた仕事だったのに、飛び込んでみるとなんだか居心地が悪い。一方であまり気乗りしない職務内容だったが、魅力ある他の条件や、やむなしの事情でトライしてみると意外と心地よく仕事ができた、ということは良くある話だ。

自分の場合何が要因だったのだろうか?

これを考えることで、自分の弱みが見え次のチャレンジの足がかりになった。

自分にあった環境

まず、考えたこと。
業界や職種関係なく、どんな環境だと自分のやる気が向上し、リーダーシップを取って働けるようになるのか?

自分の場合はズバリ

自分の業務範囲が決まっている仕事

であった。

自分で業務手順を考え自分のペースで仕事を進められる。また、責任範囲が明確なことから、仕事をきっちりとやり遂げさえすれば、文句を言われることもないだろう。

自分はこの環境が良かった。いっとき、未経験で飛び込んだ仕事がこの環境だったのだが、慣れて仕事が出来るようになると、任される仕事量も増え、こちらからもどんどんアイデアを提案出来るようになった。

環境が合っている→仕事に取り組みやすい→自身に繋がり生産性が上がる
こんな好循環が働いていると思う。

人間関係の良さも職場環境に大いに貢献するが、なかなかパラダイスレベルの環境は存在しない。

自分に合わない環境

学生時代のアルバイトまで遡って、自分がやりづらい・・・と思える環境は

常に他の人と同じ仕事をする

だった。

アルバイトで病院やホテルで働いた時、若い頃のOL先では、同僚と協働して同じ仕事をしていた。
特に目標設定もなく、特に役割もなく、仕事の仕方を突っ込まれてもそれを証明する根拠(数字)がない。

自分は共同作業的な仕事を避けるべきだと分かった。

越境ECサイトのGDPR, CCPA対策を考える

自身の海外向けECサイトに対する個人情報保護の対策を考えてみた。
主にGDPRとCCPAに関して。中国のプライバシー法「サイバーセキュリティ法」については扱わない。

GDPR

GDPR(JETROのHPリンク)では、EU を含む欧州経済領域(EEA)域内で取得した「氏名」や「メールアドレス」「クレジットカード番号」などの個人データを EEA 域外に移転することを原則禁止している。

運営しているECサイトでは以上の情報を扱う。ただ決済に関してはPayPalのビジネスアカウントを使用しているため、サイト側ではクレジット情報を管理していない。

現地に代理店を持つ大企業だけでなく、中小・零細企業も対象であり、EEA 域内に現地法人・支店・駐在員事務所を置かない事業者であっても、インターネット取引などで EEA 所在者の顧客情報を取得・移転する場合、適用対象となり得る。違反した場合は巨額の制裁金が課されることになる。

しかし、2019年1月23日に欧州委員会は日本が個人データの保護に関して十分なレベルを保障していることを決定(十分性認定)した。つまり、日本では「個人情報保護法」が十分なレベルにある、とされたのだ。
といってもGDPRに定める要件の遵守は引き続き必要となる。

ではどうするか。

ECサイトはWordPressで運営されており、WordPress 4.9.6以降のバージョンにはGDPRのプライバシメンテナンスサービスが装備されている。
WordPress 4.9.6 プライバシー・メンテナンスリリース

もともと広告運用のためにプライバシーポリシーページが存在したが、GDPR用に肉付けをしたのがコチラ
本家のGDPRのサイトのテンプレートを参考にした。こちらのテンプレートのOur Company部分を自分の会社名orサイト名にすれば問題ないだろう。

CCPA

JETROの説明によると、CCPAの対象者は以下のようになる。

以下の1~3のいずれか1つの要件に該当する営利目的の法人だ。なお、カリフォルニア州内に事業拠点があるかどうかにかかわらず、カリフォルニア州民の個人情報を収集していれば、この法律の対象となりうる。

1.年間の総収入(annual gross revenues)が2,500万ドル以上であること
2.5万人以上のカリフォルニア州民の個人情報を処理している
3.カリフォルニア州民の情報を売却することで年間の収入の50%を得ている

自身は当てはまらなかった。
JETROの解説によると、当てはまる事業者の基本的対応は下記のようになるようだ。

企業として法令を順守するためには、プライバシーポリシーを更新すること、請求している消費者の本人確認をする手順を実施すること、45日以内に情報開示するために社内で個人情報を特定・発見することができるようにすること、特定の情報開示を電子的に行う方法を開発すること、売却禁止を求める消費者のオプトアウト(16歳未満の消費者に関してはオプトイン)に対応することなどが必要になる

Cookie利用同意のプラグイン

サイトを開いたときに出てくる、Cookie利用同意のプラグインはCookie Notice for GDPR & CCPAにした。

設定自体はシンプルで、同意を求める文章や、言語、位置などを変更できる。

デフォルトの表示結果

Cookieのサポート廃止

Googleが2020年1月14日に、ChromeでのCookieサポートを2年以内に廃止していくと発表した。

Building a more private web: A path towards making third party cookies obsolete

AppleのSafariとMozillaのFirefoxは既にサードパーティのクッキー利用を制限している。

今後どのようにプライバシー保護が強化されていくのか更に注意が必要だ。

Woocommerceでattribute毎に在庫を表示する

ecでWoocommerceを使っているのだが、attributeのプルダウンから在庫あり/売り切れが出るようにしたい。

Product dataをSimple productにして、Stock StatusをOut of stockにすると…

表示を見ると、全部売り切れのようになってしまう。本当は2種類のうち、1種類だけが売り切れなのに。

Variable Productから設定

Product dataをVariable productにする。

下記の画像(設定後)を見ながら設定を進めよう。

Attributes項目のCustom product attributeから任意の項目を選び、Addをクリック。ここでは”Item”としている。

Used for variationsにチェックを入れる。

Value(s)に必要な選択肢を入れる。最後にSave attributesをクリック。

次はVariations項目へ移動。Add variationを選択しGoをクリック。

プルダウンから編集したい項目を選ぶ。ここではGoldを選んだ。

そして、右側の逆三角マークを押すと下記のような画像(設定後)が出てくる。

こちらではGoldが売り切れなので、Stock statusをOut of stockと選択。そしてSave changesをクリックして保存。

残りのアイテムを編集するときは、再度Add variation→Goとすれば追加できる。

プレビューを見てみると。

ちゃんとGoldだけ売り切れ表示ができた。

ロリポップでads.txtファイルの修正をする

AdSenseにこんな表示が出ていた。

ads.txtの修正をしろと言われても、設置した覚えがない。そもそもads.txtとは何なのか。

ads.txtとは

アドセンスヘルプでは下記のように説明されていた。

コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。

3回読んで、要は自分のサイトの広告枠をちゃんと販売者(Adsense)と紐づけしてね、と理解した。そうしないと広告主がどこ販売か分からん広告枠を買って、結局「騙し」でしたという現象があるようだ。

ただ、抜粋からもわかるように使用は強くおすすめレベルなので、無かったとしても現状特にサイトがどうこうなるという問題にはならなそうだ。

ただ偽の広告枠が広告主に渡るということは、Adsenseサービス側にとって、不利益であるから放ったらかしにて将来的に広告の配信が止まったらサイアクだ。それにAdSenseを開くたびに警告文が残るのも鬱陶しい。

すぐ終わるので、下記を見ながら一緒に対処していこう。

ads.txtファイルをつくる

Adsenseの要注意箇所から今すぐ修正を開く。

ダウンロードをクリックし、それをルートレベルのドメインにアップロードする。

ロリポップ!使用なら、ロリポップ!FTPに入ってサイトのファイルをクリック。

そこで画面左上のアップロードアイコンから、ads.txtをアップする。

↓そうすると下記のようになっているはず。

ルートレベルのドメインにアップロードする、というのは、例えば私のサイトURLはhttps://wachiki.comなのだが、ads.txtファイルがhttps://wachiki.com/ads.txtとなるということ。

これで完了、変更がAdsenseに反映されるまでに数日、広告リクエストが少ない場合(PVが少ないことが影響)は最長1ヶ月ほどかかるようだ。

【Twenty Seventeen】powered by WordPressを消す

①site-info.phpを確認

サイト下部にあるProudly powered by WordPressという文言を消すための方法。

前までは気にならなかった

ダッシュボード→外観→テーマエディターと進む。

そうしたら右側にテンプレートがずらずら並んでいる。そこからsite-info.phpを選ぶ。

そんなものがない!という人は子テーマにそのファイルを追加していないからだろう。一緒に追加していこう。既にある人は②に進もう。

ロリポップ!サーバーの人はログイン→ロリポップFTP→サイトのフォルダと進んでいく。

更にwp-content→themes→twentyseventeen→template-parts→footerと進む。

そこの中に、site-info.phpがある。

その内容を全部コピペ。

ペースト先の子テーマフォルダ内も親のテーマと同じ階層にしよう。

子テーマフォルダから新規フォルダtemplate-partsを作成→template-parts内で更にfooterフォルダ作成→footerフォルダ内でsite-info.phpファイルを作成。

site-info.phpを編集

では早速site-info.php内を編集していこう。といっても簡単で、ファイル内にある下記に挟まれた部分を消す。

<div class="site-info"> </div><!-- .site-info -->

これで消える。

③自分のコピーライトを追記

代わりに自分のコピーライトを追記しても良い。先程削除した所へ、下記をコピペ。

  © <?php echo date('Y'); ?> <a href="<?php echo home_url(); ?>"><?php bloginfo( 'name' ); ?></a> All Rights Reserved.

下記のようになっていれば完成だ。